知っておきたい結婚内祝いの正しいマナーとは?【The Best Gift】
HOME>記事一覧>知っておきたい結婚内祝いの正しいマナーとは?

結婚内祝いとは

ギフト

内祝いとは、本来は幸せのお裾分けという事での贈り物ですが、近年では結婚祝いのお返しや、もしくは結婚式に招待しなかった・都合が合わず欠席しなかった方へのお返しや、ご祝儀を多く頂いた方への後返しとして贈るのが一般的です。

結婚内祝いのマナー

プレゼント

マナーとしては、お祝いとして頂いた品物、金額の半額程度を返すのがマナー。ですが、値段の分からないお祝いの品を頂いた場合や、高額なお祝いの品や金額を頂いた場合は、一般的な相場にこだわらずとも、感謝の気持ちが伝わる物を選ぶと良いでしょう。また、お返しは頂いた2週間~1ヶ月以内にお返しするのが一般的です。もし、なんらかの理由でお返しが遅れた場合には、遅くなってしまってすみませんの気持ちが伝わる一報を入れるといいです。

結婚内祝いで贈るもの・贈ってはいけないもの

結婚内祝いとして定番なものは、いくつあっても困らないタオルなどの実用品です。実用品は、いくつあっても困らない便利なものですよね。また、自由に選べるカタログギフトなども喜ばれます。ですが、いくら実用品といっても、刃物や割れ物などの縁起が悪いものは避け、なるべく一般的に縁起がいいと言われる物を選ぶのがいいです。

渡し方

本来、結婚内祝いは、直接手渡しするのが良いです。近場ならば手渡しに行きやすいと思います。しかし、遠方に出向いて手渡しするのは難しい事ですよね。その際は、宅配を利用して、直接送りましょう。その場合は何も添えずに送るのでは無く、贈るものにカードや添え状を同封しましょう。ですが、もし同封するのが難しい場合は、別に連絡をするのが正しいマナーです。直接手渡しでお返しする際は、袋から出し、相手にのし紙の内容が読める方向で手渡すのが正しい渡し方です。

広告募集中